最近の出来事


by keijinkai-top

勉強会

昨日、沖縄の勉強会がありました。
北海道チームに負けじ劣らじの有意義なものでした。
最初は大人しかったものの、途中からは若手からベテランへのダメだしもあったり(笑)・・・
エステを取り入れたもの、紙芝居風のもの、と飽きさせない工夫を凝らした発表も
ありました。

宮じい先生のインプラント症例発表や、各ドクターの症例検討は特に白熱し時間もかなり
押してしまいました。時間切れになった後も、忘年会場に場所を移して喧々諤々のバトルは
ヒートアップしていました(笑)!!

お楽しみの忘年会は昨年以上の盛り上がりを見せ、閉店時間を過ぎても話は尽きません。
サムズの皆様、ご迷惑をお掛けしました!更に、サービスありがとうございましたm(_ _)m
退職予定のSさん・Gさんはヤル気十分の一番乗り!
産休中のK先生はご自慢の愛娘ちゃんの写真を見せびらかしに来ていらっしゃいました(笑)。
その他の面々も大騒ぎ・・・一部のKYはご愛嬌⁇

と、嬉しいサプライズ。
またもやビッグバースデーケーキを頂きました\(^o^)/
人生最大のサイズです!
いつもいつもありがとうございます!
でも、ロウソク45本ともなると圧巻ですね(汗)
一人では大変ですので、2人の彼女にも吹き消すのを手伝って頂きました。
皆さんありがとうございます。
私は幸せ者デス。

Yさん、Hさん。振り切れましたか?
[PR]
# by keijinkai-top | 2010-12-22 15:35

勉強会

昨日・一昨日と道東・道央の勉強会&忘年会を行いました。
中々に有意義な勉強会ではありましたが、もう少し活発に討論する様な場面があると
もっと良くなると感じました。

良くまとめてパワーポイントで発表するチームもありましたが、ちょっと気になる事も。
配布した資料(しかもコピー)の棒読みでは無く、自分の意見を自分の言葉で語らなければ
相手に伝わりません。
コピーをただ読むだけならば時間が勿体無い。
後で読んでもらえば事足りるのでは?
まあ、読まない人の為にはなるのでしょうが・・・。
せっかく用意して来たものも、ツマラナイものになってしまいませんか??

聞いている側も、漫然と長時間過ごすのは苦痛以外の何ものでもありません。
参加した方が楽しく時間も早く経過します。。
知識や経験値を自分の物とし、「スキルアップする為に積極的に質疑応答に参加しよう!」

と言う姿勢で臨んで頂きたいものです。

来週は沖縄の勉強会ですね。
非常に期待しております。(笑)

[PR]
# by keijinkai-top | 2010-12-16 15:38

イルミ・・・

Sママ先生・・・うちも飾っていませんよ~(笑)
(くるみちゃんちも多分・・・外はナイ。)
先ずは中から・・・。
何せ、ドロボーに・・・否!ドロボーも入らない悲惨な状態となっておりますので・・・(涙)。
来年こそは!!
[PR]
# by keijinkai-top | 2010-12-10 23:00

おごり

件の梨園の御曹子が記者会見を行った様です。
その中で「自分にも奢りがあった」と語ったとか。
と言う事は、非を認めたのでしょうか?
しかし、圧倒的な被害者意識は変っていないご様子・・・。

しおらしい弁明に終始し、出来すぎの借りてきた子猫?でも、ご自慢の「睨み」は封印。
超一流歌舞伎役者の片鱗を見せ付けてくれたのは流石。
思わず「成田屋っ!!」と掛けてしまいました(笑)

私としては、「酔っていたので、よく覚えていません」だけの方が潔くて好感が持てます。
(何しろ、自分がそうですので・・・。)
無期限謹慎=療養期間?まあ、半年のリハビリ期間でしょうね・・・。
釈然としないのは私だけ?


「驕れる者は久しからず」「盛者必衰」使い古された言い回しではありますが真理。
「驕り」は自己満足・自己完結・自己陶酔から生じる物では無いでしょうか?
「驕り」が前面に出てしまっては成長は見込めません。

国家試験に合格し「先生」と呼ばれた時点でゴールを迎えてしまったタイプ。
スタッフに尊敬もされなければ、患者様に信頼もされない・・・。
そんなドクターは必要ありません。
卑しくもドクターと呼ばれる人間ならば、もっと貪欲に、もっともっとハングリーに
自己の成長を求めて然るべき!
そうは思いませんか?
そんな姿に触発されてスタッフも医院も成長して行く事でしょう。
巷に溢れている反面教師をお手本に、戮力協心さらなる高みへ!

もっとも、飲み会での「「奢り」ならいつでもwelcome!ですが・・・。
[PR]
# by keijinkai-top | 2010-12-10 22:06

木を見て

「木を見て、森を見ず」
と言うことわざがありますね。
日常に置いても同様の事が数多く見受けられます。
治療している時も、スタッフに指示を出す時も・・・。

患者様の訴え(主訴)は勿論、大切ですが、その部分ばかりに気を取られていると
大切な事を見落とす事があります。
場合によっては、痛みを訴えている歯が原因で無い事も・・・。
そんな時、「だって、ココが痛いって言ったじゃない!」では済まされませんよね?
隣在歯が原因の場合や、上下の連関痛、全身疾患も視野に入れ多くの情報から答えを導き出し
最適な治療を、持ちうる最高の技術で、最善を尽くすのがドクターです。
当然、全ての責任を己が負います。

俯瞰も大切。
大局を見る目を養いましょう。
患者様が待合室にいっぱいの時・・・。
「最後にいらっしゃった消毒だけ」の患者様を最後までお待たせしますか?
他の方の内容を確認し、患者様への声掛けを行い、誠実に対応できれば問題は生じません。
奏者であると同時に、指揮者でもある事もお忘れなく。

 生き残る者と言うのは、最も強い者でも無ければ、最も知的な者でも無い。

     最も変化に対応できる者である
[PR]
# by keijinkai-top | 2010-12-07 11:36